新潟・長岡の注文住宅、リフォーム工事ならハウジングネット/新潟住宅ネットワーク協同組合(新潟市、三条市、燕市、見附市、長岡市、他)
  1. TOP
  2. 低炭素住宅「Co2削減に貢献するエコ住宅」

環境にやさしく、高い快適性と省エネ性も得られる低炭素住宅。地球温暖化が進み、暖冷房費削減と節電・節約も重要になる中、家計にやさしいく、地球にやさしい低炭素住宅を建ててみませんか。

認定低炭素住宅とは、

低炭素住宅とは、省エネルギー性が高く(断熱材や窓などの性能UP)二酸化炭素の排出が少ない(木材の利用や節水対策など)、省エネ住宅の事を指します。

震災後の2012年9月に公布され、2020年の改正省エネ基準に先駆けとして、認定低炭素住宅の認定制度ができました。認定低炭素住宅の場合は、改正省エネ基準よりも、一次エネルギー消費量をさらに10%削減しなければいけません。
具体的には私たちの生活にともなって発生するCO2(二酸化炭素)を抑制する低炭素化措置を行った住宅を指し、所管行政庁(都道府県、市又は区)が認定を行います。
なお、市街化区域外の住宅は対象となりません。

認定低炭素住宅の位置づけ

2020年にはすべての新築住宅に改正省エネ基準を義務化されることが予定されていて、その先駆けとして低炭素住宅の認定制度ができました。

 

認定低炭素住宅の認定条件

・省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量が△10%以上となること。
・その他の低炭素化に資する措置が講じられていること。

ヒートアイランド対策の一例

ガーデニングで植栽を飾ることもヒートアイランド対策につながります。

■認定炭素住宅のメリット

低炭素住宅は「認定」されることで様々なメリットを受けることができます。

様々な減税措置、低金利ローンの適用などで家計負担を軽減します。

当組合では補助金にも対応しています。

ハウジングネットの認定低炭素住宅

■地盤改良工事■

地震に強い家を造るには、基盤がとても大事です。

一棟一棟地盤調査を行い、その調査結果に基づいた

最適な地盤改良を実施し、基礎工事に着手します。

■基礎工事(ベタ基礎工法)■

家の重量ばかりでなく、地震などの外力が加わる基礎。十分な配筋量を確保した鉄筋コンクリート造の基礎を施工します。(地盤調査の結果、布基礎工法になる場合があります。)

 

■木材在来軸組工法■

日本の技術、工法を守る木を使用することで地元林業の活性化に貢献し、荒廃傾向にある森林も伐採することで適切な手入れができます。又、植物の光合成によって地球温暖化にも貢献できます。木材住宅は、低炭素の措置にも該当します。地球にやさしい家造りを心掛けています。

 

■低炭素住宅の一次エネルギーの消費量は削減率10%以上■

低炭素住宅の認定は、省エネ基準と同等以上の断熱性能、日射熱取得性能が確保されること、省エネに比べ、住宅の一次エネルギー消費量(石油や原子力などの自然から採取されたままの物質を源としたエネルギーのことで、空調・換気・照明や給湯設備によって消費されるエネルギー)10%以上であることとなっています。低炭素住宅は、住宅が発する二酸化炭素を減らして省エネに貢献する点のみ特化してます。従いまして、住宅の密集度が高い市街化区域内に建築した場合のみ認定されます。

無理なく一次エネルギーの消費を抑え、環境に優しい家造りに貢献します。

■断熱材


(クリックすると画像が拡大されます)

◆断熱玄関ドア・アルミ樹脂複合サッシ◆

効果的な気密・断熱化された住宅は、居室の温度差及び天井付近の温度差が少なくなります。

アルミ樹脂複合サッシ、LOW-E複層ガラスを標準としています。

 

◆ハイグレード設備・節水対策◆

低炭素の選択的項目の節水対策に該当する仕様設備です。

ハイグレード設備で快適なECOライフを応援します。

(クリックすると画像が拡大されます)
システムキッチン

洗面化粧台

システムバス

トイレ アメージュZ ECO5

LED照明

エコキュート

高効率省エネエアコン1台

 

低炭素仕様「小屋裏収納のある家」企画プラン

 

PLAN-1 コンパクトでシンプルなお求め安いプランです。
収納も充実し、暮らしやく機能性な間取りになっています。
 

建物本体価格 1,470万円(税込)


PLAN-2 キッチンからの水廻り動線に優れたプランです。
2階は家族の成長に合わせ、間仕切りできます。
   

建物本体価格 1,530万円(税込)


PLAN-3 独立した和室のあるプランです。広いサンルームや
ベランダでたっぷりの洗濯物が干せます。
   

建物本体価格 1,580万円(税込)


PLAN-4 水廻りが使いやすい家事動線のプランです。和室は居室としてもリビングの延長としても利用できます。
建物本体価格  1,600万円 (税込)

※地盤改良工事費、外構工事費は別途必要となります。


「小屋裏収納のある家」 施工例

シンプルモダンの外観。機能的でゆったりとした間取りでゆったりと暮らすことができます。

タタミコーナーやTVカウンターで暮らしやすく居心地の良い空間です。
   

ユーティリティやサンルーム、たっぷりの収納など奥様目線の家です。2階は家族の成長に合わせ間仕切りできるようになっています。
   

暮しに合わせたこだわりの水廻り空間や、目的に合わせた棚やカウンターが暮らしやすさを生み出します。
   

太陽光発電や薪ストーブ、無垢のフローリングを使用したエコ住宅です。
ゆったりとしたダイニングとリビングがくつろぎの空間を生みます
   

4世代で暮らす、上下分離型の2世帯住宅。え続ける荷物も小屋裏収納で大量に収納できます。書斎やワークルームなどを配したゆとり住宅です。